So-net無料ブログ作成
検索選択

今日は晴天(by HP管理者コモモ) [マラソン大会]

P_20170206_092054_1.jpg
忘帰洞でハーフの疲れを癒し、次の日は那智へ。たいして下調べもしてきておらず、とりあえず駅の観光案内所でアドバイスをもらい、憧れの熊野古道のひとつ大門坂。
P_20170206_094833_1.jpg
熊野那智大社への表参道も階段だらけ・・・。
P_20170206_095607_1.jpg
すぐお隣の那智山青岸渡寺。
P_20170206_100548.jpg
おお、これがよく旅行パンフレット写真が載っている三重塔かぁ。
P_20170206_102754.jpg
そして、那智の滝。日本三大名瀑の一つ。
ハーフでダメージを受けた足で、那智を回り、次に向かった先は新宮。
P_20170206_133957_1.jpg
熊野速玉大社に行くのが目的でしたが、結構あっさり着いちゃったので、神倉神社へ行くことに・・・。しかも、ちょうどその日は神倉神社で「お灯まつり」が行われるらしい・・・。
P_20170206_135732.jpg
どんなところか、祭りの正体も知らずとりあえず向かってみると、見えたのはとにかく急な先が見えない石段・・・。とにかく登ってみましたが、降りる時にこの足が持つのか不安で、躊躇っていたところ、ちょうど降りてきた人がいたので、この先を聞いてみると「まだ1/3も来てないかな。でも、そこまで登ったらあとはここよりは緩やかで登りやすいです」とのこと。そんなわけで最後まで登ってきました。
P_20170206_140919_1.jpg
そこから、新宮の町を眺めた風景がこれ。そして、登った証拠というのもなんですが、神社にお参りもしてきて、なんとか急な石段も無事に降りてきたら、「お灯まつり」のため女の人はもう上がれなくなっていました。
「お灯まつり」とは、「毎年2月6日の夜に約2000人の上がり子が、火のついた松明を持って石段を駆け下りる勇壮な祭り」だそうです。あの石段を駆け下りるなんて、しかも夜。すげー。
そして、なんともっとショッキングだったのは、神社のすぐそばにある「ゴトビキ岩」というのがご神体らしいのですが、私は登ったことに満足し、町の風景を眺め、そのでかい岩があることに気付かなかったこと・・・。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ペット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。